スタッフの日記

ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記

ブログ移行のお知らせ。

S・B・M Tochigi  H・P及びブログをご覧くださいまして

ありがとうございます。

H・P内ブログ及び 講座等のお知らせにつきまして

以下のURLへ移行致しますのでお知らせいたします。

http://lococo16.exblog.jp/

 

引き続きご覧くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

フェイスブック http;//www.facebook.com./hiroko.saitou.182

インスタグラム https;//www.instagram.com/lococo3125/

もご覧ください。

 

S・B・M Tochigi 齋藤


 

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら・・・・・
2015年、
明けましておめでとうございます。
 


2015年も、皆様にとりまして
輝かしい年となりますように。

今年も、S・B・M栃木サロン共々、
どうぞよろしくお願い申し上げます。


http://lococo16.exblog.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も有難うございました。

今年も残すところあと二日。
今年も、一年あっという間でした。

2014年も、多くの方に助けられながら
無事に過ごすことが出来ました。
感謝・感謝の一年であります。
2015年も、私自身も、そして皆様にとりましても
さらなる飛躍の年となりますように!!


さて、年内のブログは、今回を最後とさせていただきます。
今年1年、大変お世話になりました。
そして来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様、良い年末年始をお過ごしください。


 

http://lococo16.exblog.jp/ 

 

 

 

 

  

香り  ~コンセクレイテッド・アロマ~

今日は、SBM栃木サロンにて、

コンセクレイテッド・アロマ、 講習会の日でした。

自分用のアロマを選択し、ヘアーウォーターやバスミルクを作ったり、

実験的に、

ドレッシングやはちみつに混ぜ、サラダやスコーンを食したり・・・・・・。

新しい発見や知識を得ることは、ほんとに楽しい時間です。

 

さて、アロマといえば、当然「香り」の効能が一番重要となりますが、

今日は、ちょっと違うお話を・・・・・。

 

むか~し、若かりし頃務めていた会社の女性上司に

「香りは脳の深い部分に記憶されるので、ママになったら安い香水はつけちゃ駄目よ」

と言われたことがあります。

それ以来、

まだママにはなっていませんでしたが、

名の知れたブランドの、ちょっとお高い香水をつけるようになりました。

女性上司の言った言葉は、(「脳の深い部分に記憶される」、という部分・笑)

今では科学的にも証明され、香りと脳の関係については色々なことが明確になってきています。

確かに、懐かしい香りを嗅ぐことで、過去の記憶や感情、その時の情景までもが

まざまざと蘇ってきたりするものです。

 

さて、香りと脳、そして体との関係は、

今日はちょっと置いておいて・・・・・・・。

 

「安い香り」と「高い香り」 (本物の香り)について・・・・・・。

 

ここ数年、スーパーやドラッグストアに買い物に行くと

シャンプーや洗剤、

それから、特に柔軟剤の種類の多さにびっくりします。

どの商品も、香りをすごくアピールしていて、

いかに香りが持続するかが 商品の売れ行きのカギにもなっているようなのですが・・・・・・。

実際、我が家の息子たちも、

シャンプーやリンスなどを選ぶ基準は、ずばり「香り」です。

香りは生活に非常に密着しているものでもあるのですよね・・・。

でも、実は私、柔軟剤の香りが大嫌いです(笑)

それから、車の芳香剤とか、お部屋のフレグランスとかの類も苦手です。

理由は「安っぽい」香りだから(笑)    ←メーカーさん、消費者の皆さん、ごめんなさい!

明らかに合成香料とわかるあの香りが、どうにもこうにも安っぽさを拭い去ることが出来ず、

なんとなく好きになれません。

今は、有名なブランドの高級な香水でも合成香料を使っていますので、

すべてが駄目というわけではないのですが、・・・・・・・。

でも、庭に咲いた一輪のバラの花の香りを嗅いでみてください・・・・。

あの香りに勝るものがあるのでしょうか!!

この季節、どこからともなく漂ってくる金木犀の良い香りが、

トイレの芳香剤と同じものと感じるでしょうか!!(笑) (←私より若い方はわからないかな???!(^^)!)

やはり、「本物」と[偽物」は何かが違うのです。

そうそう、本物と偽物といえば、

私、造花もあまり好きではありません・・・・・。

理由は・・・・こちらも「安っぽい」から (重ね重ね ごめんなさい!!)

今では本物と見紛うばかりの造花も少なくありませんが、

生のお花の質感や香り、それから一番は枯れること・・・・。

これは偽物には明らかに無いものです。

 

「本物」と「偽物」・・・・・・・・。

よくよく考えたら、私たちのまわりには、もしかしたら「偽物」のほうが多いくらいなのかもしれません。

できれば いつでも本物に囲まれて生活したい、というのが本音ではありますが、

その「本物」を見分ける「目」も必要になってきますね。

 

今日のタイトルは「コンセクレイテッド・アロマ」としましたが、

このアロマに関しましては、次回アップしたいと思います。

 

(実は、今日のここまでのブログを書くのに、すでに2時間くらい経過してます・爆。

本題を書く前に体力が消耗いたしました・・・・笑)

 

今日も、日中は少し汗ばむくらいでしたが、

夜はだいぶ冷え込みようです。

皆様、どうぞご自愛ください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい所作。

美しい所作の方に憧れます。

 

元来が大雑把でガサツな性格の私ですので(笑)、

常日頃、立ち居振る舞いには気を付けているつもりですが、

やはり、ちょっとした瞬間に

本来の性格は出てしまうものです(涙)

我が家の息子たちも、

こんな親の子供たちですので、

モノをぽーんと投げたり、

道具を大切に扱わなかったり、・・・・・・・。

ですから、その都度注意をしているのですが、

本来の性格と、しつけによるのか、(涙涙)

これがなかなか治りません・・・・。(涙涙涙)

 

所作といえば、

茶道や華道など、日本の芸事では非常に重要視されている事の一つと思います。

そして、そこに通じているのは「思いやり」ということに尽きるのではないでしょうか。

以前、少しだけ茶道を習った時に (ほんとに少しだけ・・・・・・)

そのことを痛感いたしました。

 

人への思いやり、

モノへの思いやり。

何かを大切に思い、また愛おしく思うことで、

所作も自然と美しく、優しくなりますよね。

 

その人の中身は、必ず外見(そとみ・がいけん)にも表れますよ、

と常日頃言っておりますが、

所作もやはりその方の中身を表すもの、のひとつなのではないでしょうか。

 

 

SBMサロンでの

「コンセクレイテッド・オイル」を使用してのオイルトリートメントは、

お一人お一人の内面性も重視。

心に滞っているマイナスのエネルギーを溶かし、

あなた自身の本来の優しさ・美しさ・・・・

もっと言ってしまえば、「愛」を取り戻していただけます。

 

心も軽やかに・・・・・・そうすれば、自然と所作も美しくなります。

ぜひ、ご一緒に「美しい人」を目指してみましょう・笑

 

*ブログ内カテゴリーは、左欄「ブログ」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「責任」と「美しさ」

我が家が住む田舎でも、

久しぶりに通る道の周辺の景色が一変しているようなことが多々あります。

新しく 

きれいで広い道路ができていたり、

まさに工事中だったり・・・・・。

森の木が切り倒され、便利さと引き換えに自然がなぎ倒されている光景を見ると、

子供の頃から、

無性に悲しみが沸き起こってくるのですが、

そんな気持ちの方は

私だけではないことと思います。

 

道路といえば、

首都高速の大規模改修が必要に迫られていると

ニュース・新聞で報道されていました。

何事も、時間がたてば老朽化するのは当たり前。

作った時からそんなことはわかり切ったことのように思いますが・・・・・・。

原発もしかり・・・・。

世界で原子力発電が稼働し始めてから

もう何十年という月日が流れています。

いわゆる、「原発のごみ」といわれるものの

最終処分の方法も、本当に安全でクリーンな方法なんて

今だ確立されていないのに・・・・・・・。

身近なことでいえば、

ごみの問題なども同じですよね。

お菓子のパッケージひとつをとっても、

作り上げる時点で、最終的なごみの処理法まで考えてつくるのが、

企業の「責任」ではないかと・・・・・・。

 

新しい「モノ」や「事」を考えだし、作り上げていく行為というのは

とても素晴らしいことだと思います。

そして、私たちもその恩恵に預かっているわけですが、

でも、その一方では、

そこに、「責任」というものが伴ってくるのも事実。

 

毎日のニュースや新聞の記事などを読んでいると、

何かおかしい、何か狂っている・・・・・。

多くの方々がそう感じていることでしょう。

その、「おかしい」「狂っている」ことの裏側には

何事にも、「責任を持っていない」「責任を放棄している」・・・・・・。

そういったことの裏返しが、今の世の中なのではないかな、

なんて事を、小さな脳みそで、常々考えているわけですが・・・・・・・・。

 

小学校・中学校時代、先生からよく、

「自分の言動には責任をもちなさい」なんて言われていた方も多いはず。

子供を持った今、私もよく子供たちに向ってその言葉を口にしますが、

「責任」という言葉、よくよく考えるととても重い言葉です。

 

自分自身の人生に、常に責任は持てているか。

子供たちに対して、きちんと責任を果たしているか。

(・・・・・言い方は悪いですが、・・・・・・子供たちは私が作り出したモノ、という意味でも。)

いつも自問自答しています。

 

そして、自分の人生に責任を持つ。

これこそ、「美しい人」への第一歩と

私は考えているのですが・・・・・・・・。

 

今日はちょっと いつもと違う毛色の内容となりましたが(笑)

SBMサロンでは、

お客様と、常々こんな社会的な(笑)会話もしております。

ぜひ、皆様も

ご自分の人生について、

たまには考えてみませんか。

 

 

 

 

 

美しい人生

何かとバタバタと忙しくしていたら、

前回のアップから、半月もたってしまいました。

だいぶ秋らしい陽気となりましたが、

皆様、お変わりござませんか。

 

さて・・・・・・・・。

先日の事。

わたくしの祖母が106歳の人生に幕を閉じました。

眠るように、静かに、静かに、息を引き取りました。

祖母はいわゆる「明治の女」。

女手一つで3人の子供を育て上げ、

102歳まで一人暮らし。

とても気丈な生き方をしてきた女性です。

明治・大正・昭和そして平成・・・・・・。

4つの時代を生きてきた祖母の人生は、どんなものだったのか。

私などには到底思いも馳せられないような

厳しくつらいこともあっただろう祖母の人生。

それでも私たち家族にとっては

いつでも優しく穏やかな、大・大・大好きな「おばあちゃん」でした。

 

息を引き取った後の祖母のお顔は、

とても106歳とは思えないような

美しいものでした。

その顔を見ながら、

きっと祖母の人生そのものが「美しい人生」だったのだろうと

確信いたしました。

 

「良い生き方と良い死に方はイコールだよ。」

以前、そんなことを教えてくださった方がいました。

それと同じように、

美しい人生を送った人間は

たましいがこの世を去っても ずっとずっと美しく輝いていられるものなのだと

祖母の亡骸を見ながら強く思ったのでした。

 

SBMの一番のテーマである「美しい人へ。」

 

人生の最後に、「美しい人生だった」・・・・・

そんな風に自信を持って言えるような生き方を、

時にはじっくり考えてみるのも

秋の夜長には良いかもしれませんよ。

 

 

 

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

1
ページ上部へ