スタッフブログ
ホーム>スタッフブログ>香り  ~コンセクレイテッド・アロマ~

香り  ~コンセクレイテッド・アロマ~

今日は、SBM栃木サロンにて、

コンセクレイテッド・アロマ、 講習会の日でした。

自分用のアロマを選択し、ヘアーウォーターやバスミルクを作ったり、

実験的に、

ドレッシングやはちみつに混ぜ、サラダやスコーンを食したり・・・・・・。

新しい発見や知識を得ることは、ほんとに楽しい時間です。

 

さて、アロマといえば、当然「香り」の効能が一番重要となりますが、

今日は、ちょっと違うお話を・・・・・。

 

むか~し、若かりし頃務めていた会社の女性上司に

「香りは脳の深い部分に記憶されるので、ママになったら安い香水はつけちゃ駄目よ」

と言われたことがあります。

それ以来、

まだママにはなっていませんでしたが、

名の知れたブランドの、ちょっとお高い香水をつけるようになりました。

女性上司の言った言葉は、(「脳の深い部分に記憶される」、という部分・笑)

今では科学的にも証明され、香りと脳の関係については色々なことが明確になってきています。

確かに、懐かしい香りを嗅ぐことで、過去の記憶や感情、その時の情景までもが

まざまざと蘇ってきたりするものです。

 

さて、香りと脳、そして体との関係は、

今日はちょっと置いておいて・・・・・・・。

 

「安い香り」と「高い香り」 (本物の香り)について・・・・・・。

 

ここ数年、スーパーやドラッグストアに買い物に行くと

シャンプーや洗剤、

それから、特に柔軟剤の種類の多さにびっくりします。

どの商品も、香りをすごくアピールしていて、

いかに香りが持続するかが 商品の売れ行きのカギにもなっているようなのですが・・・・・・。

実際、我が家の息子たちも、

シャンプーやリンスなどを選ぶ基準は、ずばり「香り」です。

香りは生活に非常に密着しているものでもあるのですよね・・・。

でも、実は私、柔軟剤の香りが大嫌いです(笑)

それから、車の芳香剤とか、お部屋のフレグランスとかの類も苦手です。

理由は「安っぽい」香りだから(笑)    ←メーカーさん、消費者の皆さん、ごめんなさい!

明らかに合成香料とわかるあの香りが、どうにもこうにも安っぽさを拭い去ることが出来ず、

なんとなく好きになれません。

今は、有名なブランドの高級な香水でも合成香料を使っていますので、

すべてが駄目というわけではないのですが、・・・・・・・。

でも、庭に咲いた一輪のバラの花の香りを嗅いでみてください・・・・。

あの香りに勝るものがあるのでしょうか!!

この季節、どこからともなく漂ってくる金木犀の良い香りが、

トイレの芳香剤と同じものと感じるでしょうか!!(笑) (←私より若い方はわからないかな???!(^^)!)

やはり、「本物」と[偽物」は何かが違うのです。

そうそう、本物と偽物といえば、

私、造花もあまり好きではありません・・・・・。

理由は・・・・こちらも「安っぽい」から (重ね重ね ごめんなさい!!)

今では本物と見紛うばかりの造花も少なくありませんが、

生のお花の質感や香り、それから一番は枯れること・・・・。

これは偽物には明らかに無いものです。

 

「本物」と「偽物」・・・・・・・・。

よくよく考えたら、私たちのまわりには、もしかしたら「偽物」のほうが多いくらいなのかもしれません。

できれば いつでも本物に囲まれて生活したい、というのが本音ではありますが、

その「本物」を見分ける「目」も必要になってきますね。

 

今日のタイトルは「コンセクレイテッド・アロマ」としましたが、

このアロマに関しましては、次回アップしたいと思います。

 

(実は、今日のここまでのブログを書くのに、すでに2時間くらい経過してます・爆。

本題を書く前に体力が消耗いたしました・・・・笑)

 

今日も、日中は少し汗ばむくらいでしたが、

夜はだいぶ冷え込みようです。

皆様、どうぞご自愛ください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sbmtochigisalon.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/41

ページ上部へ